安心・安全な農作物


基本理念

 食の安全・安心の確保は、JAの果すべき重要な責務であり、農産物に対する質の高い安全管理をスタンダードに行うことが、消費者の信頼を得ること、および地域農業の継続的な発展につながるものと考える。安心安全はJA北びわこのおかげです!

行動計画
1.農作物ごとの生産基準の確立。
2.生産者との栽培協定を締結。
3.生産履歴記帳運動の推進と記帳の徹底。
4.生産基準の整理・改善。
5.リスク管理と内部検査の実施による改善。

運動目標
 JA北びわこが提供する農作物の安全性の確保と、安全・安心な農作物の安定供給のための生産販売体制の再編、および環境へのやさしさにこだわる農業、これらの両立を目指す。

《推進体制》
 JA北びわこ・生産者・関係行政機関等との連携を図り、着実かつ確実な生産履歴情報開示を進めます。

取組みの経緯
 農産物の安全・安心対策では、消費者と生産者の利害は一致します。消費者の利益とは健康と安全の確保であり、生産者の利益とは農産物の安全確保により消費者の信頼を得ることで、市場の確保ができるということです。
 この農産物の安全・安心確保が結果として地域農業の持続的な発展につながるという理念のもと、JA北びわこでは、トレーサビリティーの重要性を認識し、平成15年度にトレーサビリティーシステムの導入を図り、滋賀県内において最も先進的に運用を行ってきました。
農産物の生産履歴、生産工程のデータベース化を進める中、アカンタビリティー(説明責任)の必要性も同時に痛感しました。
 産地からの「安全・安心な農産物の提供」に向けた正確なうそをつかない積極的な情報開示を必要と判断し、生産履歴情報公開システムによる生産履歴情報の公開を行います。

今後の課題
・ 生産履歴記帳率100%達成に向けての取組み。
・ 生産履歴情報公開システムを運用する農産物品目の拡大。
・ 生産履歴と情報管理の検査・審査体制の確立と検査の強化。
・ 法令遵守のための体制強化。

社会への貢献
 現在、JAに求められている課題は、《安全・安心》をキーワードに「食と農の距離」の接近であり、いかに「生産者・流通業者・消費者のパートナーシップをもってこれを実現できるか」です。
 生産者は消費者の求めるものをつくり、消費者は農産物の価値と食生活を通じて自国の農業を支える意味を理解する・・・そういう相思相愛の関係づくりをJA北びわこは推進します。


「JA北びわこ安全・安心な農産物づくり取組み宣言」をスタートにして・・・

①安全・安心な農産物づくり推進本部の設置
  JA北びわこの供給する農作物の安全と安心の確保と、安全・安心な農産物の安定供給のための地域農業の再構築、またトレーサビティーシステムによる生産履歴の管理と生産履歴情報公開システムによる産地と消費者を直接的に結ぶホットラインの管理を行います。

②安全・安心な農産物づくり運営規程の設定
  推進本部が担う目的と役割を遂行するために、あるいは安全・安心な農産物づくりを具体的に行うための方法を明文化しています。

③内部検査委員会の設置
  JA北びわこが取組む「安全・安心な農産物づくり」について、運動自体が適正に行われているか否かのチェックと、様々な食の安全に関するリスクに適正な対応ができているか否かのチェックを行います。JA北びわこが食の安全確保に向けて組織として体制整備し、取組む内容が確実に安全・安心な農産物づくりにつながることを目的としています。

④内部検査規程の設定
  内部検査委員会が行う検査の実施法や推進本部への結果報告など、内部検査を具体的に行うための方法を明文化しています。

 以上の2つの組織の設置と2つの規程の設定を行い、JA北びわこの供給する農産物の安全性を確保し、消費者に安心を届ける体制整備を構築しています。



JA北びわこのトレーサビリティーへの積極的な取り組み

 JA北びわこでは、安全で安心な農産物の生産と消費者への安定供給を第一の目標として、平成15年度に 滋賀県内では最も先進的にトレーサビリティーシステムを導入しました。平成17年度以降は、完全なる生産履歴の管理と、生産履歴情報公開システムによる積極的な生産履歴情報の開示を行っています。

食の安全性確保と消費者への安心を提供するJA北びわこ

 現在、「食」に関して最も重要な要素は「安全の確保と安心の提供」です。トレーサビリティーとは、今日的課題である消費者の食物に対する安全への不安を解決するためのものです。言わば、消費者と生産者を直接結ぶホットラインのようなものと位置づけられます。
  JA北びわこでは、栽培履歴データベースの運用によりどの生産者が、どんな作物を、どんな肥料や農薬を使用し、どんな生産基準において生産したのかを全てシステムの中で管理しています。また、一方で集出荷履歴データベースの運用により農作物の入出庫、在庫管理、あるいは農作物が流通過程においてどのように動いたのかを追跡できます。農作物をどの生産者から入庫し、どこに出荷されたのかを入り口から追うことができるとともに、出口側からも食の安全性確保と消費者への安心を提供するJA北びわこ出荷されたものがどの生産者から入庫されたものであったかを特定することができます。
  さらに生産履歴情報公開システムにより、このように安全性を確保された農作物を供給する段階で、農作物の生産履歴情報を消費者へ積極的に開示していくことで、消費者に安心を提供します。
  つい最近まで、我々日本人は「口に入れる食物のことを本当は気にもしていなかった」、「気にはなったが知るすべがなかった」、しかし食の安全性確保と安心の提供については本来非常に重要であり、JA北びわこは、このことに真正面から誠実に取組みます。



ゆめまる館 jaネットバンク
みんなのよい食プロジェクト JAネットローン
レディーススクール女性大学Smile JA共済
農業関係各種申請・届出用紙のダウンロードはこちら 口座開設・JAネットバンク・住所変更のお手続きはこちら