安心・安全な農作物

JA北びわこ安全・安心な農産物づくりの基本方針

平成17年2月  北びわこ農業協同組合
北びわこ農業協同組合は、生産者と共に安全・安心な農産物を、安定的に消費者に届けることを目的としてこの基本方針を定める。
安心安全はJA北びわこのおかげです!

《基本方針》

管内で生産される農産物について、以下の考え方で取り組みを進めます。
  1. 食の安全・安心の確保は、JAおよび生産者の果たすべき重要な責務であると認識します。
  2. 農産物を生産するにあたり、農産物の安全性を確保するために必要な取り組みを行うと共に、その改善、向上に努めます。
  3. 高い品質と安全・安心の確保を通じて、消費者の信頼を得ることに取り組みます。
  4. この取り組みを通じて、管内生産者及び地域農業の発展に寄与するものとします。
  5. この取り組みを通じて、琵琶湖などの農業を取り巻く周辺環境に配慮するものとします。

《運動目標》

この運動では以下の目標を掲げ、常に改善検討を加え、取り組みを継続します。
  1. JA北びわこの管内で生産する全ての農産物の安全性を確保すること。
  2. 消費者に提供する農産物については、安全・安心な農産物を安定的に提供すること。
  3. 生産から流通に至るまでの過程が明らかになるよう、責任ある体制の構築に取り組むこと。

《行動計画》

基本方針や目標達成のため、以下の事業に計画的に取り組みます。
  1. 基本方針等の生産者への周知徹底を図り、運動を定着させること。
  2. 農産物ごとに適正な生産基準を設定すること。
  3. 生産者と栽培協定を結んで適正性を確保すること。
  4. 生産基準や生産履歴内容の適正な管理を行うこと。
  5. リスク管理と内部検査体制を整備すること。

《推進体制》

生産者とJA北びわこが一体となって関係機関とも連携をとり、着実な運動を進め、生産基準や生産履歴情報の開示にも積極的に取り組みます。
  1. 推進本部の設置・・・取り組み全般の管理と必要な改善
  2. 内部検査体制の確立・・・適正な管理、運営を可能とする

《その他》

安全・安心な農産物づくりのために必要な体制づくり、規程等については別途詳細を定め取り組みます。
その内容は、必要があるときは経営管理委員会に図り、推進、改善を行います。

北びわこプレミア米生産基準(特別栽培米)の栽培情報

  • ◇ 品 種

    コシヒカリ
  • ◇ 銘 柄

    滋賀県産コシヒカリ
  • ◇ 栽培区分

    特別栽培玄米
    「化学合成農薬及び化学肥料(窒素成分)を当地比 5 割削減」

1. 化学合成農薬の使用状況

用途 使用農薬の成分名 使用回数
殺菌 イソチアニル 1 回
殺虫 クロチアニジン 1 回
除草 イプフェンカルバゾン 1 回
除草 テフリルトリオン 1 回
除草 シハロホップブチル 1 回
除草 ベンタゾン 1 回
殺虫 ジノテフラン 1 回
  • ※ 化学合成農薬の使用回数は 7 回です。
  • ※ 滋賀県の慣行使用回数 14 回より 5 割削減以上しています。

2. 特定防除資材の用途・名称・使用回数

用途 成分名 使用回数
殺菌 トリコデルマ・アトロビリデSKT-1 1 回
  • ※ 糸状菌胞子による資材で、化学合成農薬ではありません。

3. 化学肥料由来窒素の使用量

用途 施用量(㎏/10 アール)
施肥① 施肥② 施肥③
育苗 0.03 0.03 0.03
基肥 3.82 2.60 1.60
追肥 なし 1.30 2.00
合計 3.85 3.93 3.63
  • ※ JA北びわこの施肥設計により表示しています。
  • ※ 滋賀県の慣行施肥基準(8.0N ㎏/10 アール)より 5 割以上削減しています。

北びわこプレミア米生産基準(特別栽培米)の栽培情報

  • ◇ 品 種

    みずかがみ
  • ◇ 銘 柄

    滋賀県産みずかがみ
  • ◇ 栽培区分

    特別栽培玄米
    「化学合成農薬及び化学肥料(窒素成分)を当地比 5 割削減」

1. 化学合成農薬の使用状況

用途 使用農薬の成分名 使用回数
殺菌 イソチアニル 1 回
殺虫 クロチアニジン 1 回
除草 イプフェンカルバゾン 1 回
除草 テフリルトリオン 1 回
除草 シハロホップブチル 1 回
除草 ベンタゾン 1 回
殺虫 ジノテフラン 1 回
  • ※ 化学合成農薬の使用回数は 7 回です。
  • ※ 滋賀県の慣行使用回数 14 回より 5 割削減以上しています。

2. 特定防除資材の用途・名称・使用回数

用途 成分名 使用回数
殺菌 トリコデルマ・アトロビリデSKT-1 1 回
  • ※ 糸状菌胞子による資材で、化学合成農薬ではありません。

3. 化学肥料由来窒素の使用量

用途 施用量(㎏/10 アール)
施肥
育苗 0.03
基肥 3.82
追肥 なし
合計 3.85
  • ※ JA北びわこの施肥設計により表示しています。
  • ※ 滋賀県の慣行施肥基準(8.0N ㎏/10 アール)より 5 割以上削減しています。

北びわこスタンダード米生産基準の栽培情報

  • ◇ 品 種

    あきたこまち
  • ◇ 銘 柄

    滋賀県産あきたこまち
  • ◇ 栽培区分

    農薬 7 成分栽培 「化学合成農薬を当地比 5 割削減」

1. 化学合成農薬の使用状況

用途 使用農薬の成分名 使用回数
殺菌 イソチアニル 1 回
殺虫 クロチアニジン 1 回
除草 イプフェンカルバゾン 1 回
除草 テフリルトリオン 1 回
除草 シハロホップブチル 1 回
除草 ベンタゾン 1 回
殺虫 ジノテフラン 1 回
  • ※ 化学合成農薬の使用回数は 7 回です。
  • ※ 滋賀県の慣行使用回数 14 回より 5 割削減以上しています。

2. 特定防除資材の用途・名称・使用回数

用途 成分名 使用回数
殺菌 トリコデルマ・アトロビリデSKT-1 1 回
  • ※ 糸状菌胞子による資材で、化学合成農薬ではありません。

3. 化学肥料由来窒素の使用量

用途 施用量(㎏/10 アール)
施肥① 施肥② 施肥③
育苗 0.03 0.03 0.03
基肥 8.10 4.20 2.80
追肥 なし 4.00 4.00
合計 8.13 8.23 6.83
  • ※ JA北びわこの施肥設計により表示しています。

ゆめまる館 jaネットバンク
みんなのよい食プロジェクト JAネットローン
レディーススクール女性大学Smile JA共済
農業関係各種申請・届出用紙のダウンロードはこちら 口座開設・JAネットバンク・住所変更のお手続きはこちら